経営に関する悩みとは

経営に関する悩みについて

経営者は部下の悩みを受け止めよ

部下が悩みを持っているとき、経営者はしっかりと受け止めているでしょうか。特に、仕事の進め方に関して提案を伴う悩みを持っている部下に対して、「勝手なことを言いやがって」と腹で思う人は多いようです。なぜなら、今のやり方を否定されるのが面白くないからです。そして、地位のパワーを駆使して、圧力的に納得させようという行動に出ます。部下は自分が大事ですから引き下がりますが、こうした場合どこかで転職しようという引き金になりかねません。その時はその時で別の手立てをすればいいと考えがちですが、そうすると、大局的に見ると企業の衰退への道をたどることにつながります。末端の社員ほど、顧客や実情に近いのです。その感性を切り捨てるのは、真の経営の道ではありません。

建築マネー

経営の悩みに直面した時

経営を行っていると悩みに直面する事が多々あります。そのような状況に直面した時特定の企業や人物だけでそれを解決しようとするのではなく、社会にあるすべての資源を活用してそれを乗りきり、安定させる事が重要です。多くの人々の力を活用した場合、特定の人間の心や体を疲弊させずに済みます。また、ユニークな意見が出て来る可能性が高くなります。経営の悩みに直面した時は出来るだけ早くその問題に向き合い、解決に向けての対策を講じる事が重要です。対応が早ければ企業が苦しみをあまり負わなくても良いからです。多様性を尊重する事がこの場面では大切です。

経営の悩みに関する情報

新着情報